アーユルヴェーダを毎日の暮らしへ

【梅雨の過ごし方】 梅雨の時期、季節の変わり目は気候も目まぐるしく変わり、雨の湿気と晴れ間の暑さに身体は振り回されがち。 この季節の過ごし方で、夏の暑さを乗り切れるかどうか別れます。 消化力に負担をかけず、夏を乗り切れる身体に調整しておきましょう。 重だるさ、冷え、むくみ、めまいなど起こりやすい時期です。 気分もどんよりしたり...

毎日 自分の身体に意識を持って生活することで、 1日の質を高めて、 健康な身体で自分の人生に向き合うことを目的に、 アーユルヴェーダで大切にしている 「ディナチャリヤ」(朝の養生法)。 身体と精神を浄化する具体的な方法が古典書に説かれています。 具体的な方法は 【朝の過ごし方 ディナチャリヤ】その1...

季節の変わり目。 暖かさに、装いとのチグハグさを感じたり 寒の戻りに身体を冷やしたり 身体も心も調節機能を柔軟にしておかないと 調子が狂ってしまう。

一日の時間にも「ヴァータ・ピッタ・カファ」のエネルギーがそれぞれ優勢になる時間帯があり、流れがあります。

自分の体質を知ることで、偏りが大きくなる前にアンバランスの状態に気づき、日々バランスを整える生活がおすすめです。

アーユルヴェーダで言われているお白湯の作り方。

アーユルヴェーダで説かれている食事のことはとてもシンプル。

アーユルヴェーダにおける「ディナチャリヤ」(朝の養生)は、心や体、精神を浄化し、一日の質を高めることができる日常生活法です。