一日の時間にも「ヴァータ・ピッタ・カファ」のエネルギーがそれぞれ優勢になる時間帯があり、流れがあります。

自分の体質を知ることで、偏りが大きくなる前にアンバランスの状態に気づき、日々バランスを整える生活がおすすめです。

アーユルヴェーダで言われているお白湯の作り方。

アーユルヴェーダで説かれている食事のことはとてもシンプル。

アーユルヴェーダにおける「ディナチャリヤ」(朝の養生)は、心や体、精神を浄化し、一日の質を高めることができる日常生活法です。

PVA Ayurvedic Hospitalのまわりは、とても大きな川がながれ、広大なマングローブが広がっています。

一枚の布が体の曲線にそってドレープを作る様子は本当にいつ見ても美しいです。

おやつはフルーツや、近くのチャイ屋さんにチャイを飲みに行くくらい。 毎回気心が知れた仲間と 決まった時間に 程よい量を 程よい水分と その土地で採れたもので作られた 作り立ての食事をいただきます。


Workshop · 05日 6月 2019
PVA アーユルヴェーディックホスピタル・ドクタ監修。PVA Ayurvedic 東京主催・Ghee Workshop開催しました。

さらに表示する