· 

Ghee Workshop 開催しました

6月4日火曜日

 

梅雨が近づいていることを感じさせる、

晴れているけれど空気が少し重たい6月。

Ghee Workshop、開催しました。

参加されたのは、

PVA Ayurvedic東京のセラピスト養成講座受講生の方、

アーユルヴェーダを学びたい方、

アーユルヴェーダに興味がある方、

などなど

たくさんの方が集まってくださいました。

 

 

植物療法士、看護師、セラピスト、料理教室主宰、主婦

と、様々な立場の方がご自身のお仕事や生活に

Ghee のみならず、

アーユルヴェーダを取り入れたいと考えていらっしゃいました。

 

みなさんが期待してくださったように、

今回のWorkshopは

Gheeについて、しっかりと学べる内容。

アーユルヴェーダに初めて触れる方もいらっしゃるので、

非常に分かりやすくお伝えしているものの、

学ぶ意欲を掻き立てる

本気の口座です。

 

ですが、

参加者の方から最後にいただいた感想で多かったのは、

「講師が楽しそうで、その雰囲気の中の学びが楽しかった」

という言葉。

 

「学ぶ=楽しい」

という場を作れたことは

私たちが意図したいこと。

うれしいご感想です。

 

 

 

さらに、今回のGhee Workshopは、

インド・ケララ州のPVAアーユルヴェーディックホスピタルの

ドクター監修の内容です。

 

いつも、本気のレスポンスを返してくれる

若きアーユルヴェーダドクター、Dr.Irfan。

 

日本の私たちに取り入れやすい形を提案していただき、

ホスピタルの公式窓口・PVA Ayurvedic東京主催ならではの、

貴重なworkshopになりました。

今回のworkshopでは、調理も行いました。

メニューは

 

ダル・カリー

ジャガイモのスパイス炒め

ゴールデンミルク

 

Gheeを気軽に簡単に調理に活かせるように考えられた

シンプルな調理法ばかり。

 

そのどれも、

日本の家庭料理に応用できる調理法です。

 

スパイスは奈良時代から伝わり、

薬としても日本に定着しています。

 

その薬効を自然な形で

毎日の食卓に取り入れられると良いですね。

 

毎日の食事の積み重ねから体は作られていきますから。

 

 

 

 

Ayurvedic House Polaarisとしては

初めて開催したworkshop。

 

こんな充実した内容を皆さんと共有できて

とてもうれしいです。

 

皆さんと共有する時間を一つずつ重ねて、

コミュニティの場としてPolaarisが育っていき、

それぞれのアーユルヴェーディックな暮らしに

繋がっていくことを願っています。

 

お集まりいただいた皆様、

いつも丁寧な講義をしてくださるKazuya Tomioka先生、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

参加者の方が持ってきてくださったお庭のお花
参加者の方が持ってきてくださったお庭のお花