【PVA Ayurvedic Hospital 日誌 サリーを纏う】

涙涙の修了式。みなさん、お疲れさまでした!
涙涙の修了式。みなさん、お疲れさまでした!
色鮮やかです。それぞれよく似合います♪
色鮮やかです。それぞれよく似合います♪
修了式前にPVAのセラピストさんたちが着付けてくれました。ありがとう!
修了式前にPVAのセラピストさんたちが着付けてくれました。ありがとう!

インド政府公認機関BSSアーユルヴェーダセラピスト養成講座・ディプロマコースの修了式にて

 

 

皆さんインドの民族服、色鮮やかなサリーやパンジャビを着て正装&盛装。

 

 

大切に厳かに修了式を迎えました。

サリーは、PVA Ayurvedic Hospitalからオートリキシャで20分ほど走ったところにある街、

カンヌールにある5階建ての衣料品専門店「LULU Saree」で選びます。

 

 

 

沢山の生地が整えられて並んでいます。

 

 

 

パンジャビのオーダーメイド、セミオーダーメイド、レディメイド(体形に合わせてお直ししてくれます)から、

サリーの生地、男性の民族服やシャツなどの普段着など、何でも揃います。

見事なグラデーション。品揃えがすごいです。
見事なグラデーション。品揃えがすごいです。
これはサロンのユニフォームをオーダーしているところ。
これはサロンのユニフォームをオーダーしているところ。

サリーの生地は本当に様々です。

 

 

伝統的なもの、フォーマルなもの、普段のもの。

シルク、綿、厚い生地、透けるほど軽い生地。

色鮮やかなもの、インドらしいゴールドが効いたもの、落ち着いた色あいのもの。

値段も500円くらいから5000円くらい、ハンドクラフトの素晴らしい生地はさらに高額、といろいろ。

 

 

 

とてもではないけれど、どこから選んでよいか迷うばかり。

 

 

 

今回、わたしはゴールドのものと鮮やかなピンクのものとで迷い、

 

「どっちがいい?」

 

って店員さんに聞いてみると、満場一致で

(朝一番のお客さんだったので、フロア中の店員さんが集まってきて(笑))

 

 

「ピンク!」

 

 

とのことだったので、そちらにしました。

 

 

私の大好きな三角のモチーフが入っているので惹かれた生地。

 

 

そして、普段は選ばない色が新鮮です。

「これを付けたらもう日本人には見えないわよ。」ってビンディをくれました。生地を選ぶと、店員さんがさささっと纏わせてくれます。
「これを付けたらもう日本人には見えないわよ。」ってビンディをくれました。生地を選ぶと、店員さんがさささっと纏わせてくれます。

サリーの生地って本当に長いんです。

サリーは一枚のながーーーい布を纏います。わたしのはさらに長かった。
サリーは一枚のながーーーい布を纏います。わたしのはさらに長かった。

一枚の布が体の曲線にそってドレープを作る様子は本当にいつ見ても美しいです。

 

 

簡単そうに着せてくれますが、自分でやってみるととても難しい。

 

 

毎日着ている方は10分ほどで着れるんだとか。

 

 

 

着物は(特に昔の)日本人の体つきにとても似合うなぁと思いますが、

サリーもインド人の、小さい顔と長い手足にとてもよく似合います。

サリーを着る際に必要なインナー(ストレッチタイプとそうでないものがあります)ペチコートも、店員さんがインド感覚で選んでくれます。

右のピンクのものがペチコート。サリーの生地の巻き始めに玉結びを作り、ペチコートに挟んで着付けていきます。インナーは短くておへそが出ちゃいます。
右のピンクのものがペチコート。サリーの生地の巻き始めに玉結びを作り、ペチコートに挟んで着付けていきます。インナーは短くておへそが出ちゃいます。

PVA Ayurvedic Tokyo代表のKazuya Tomioka先生、スタッフKanamiちゃん&わたしでパチリ。

 

 

Kazuya先生は男性の正装です。

 

 

腰に巻いているのはケララの伝統衣装。白地にゴールドが定番です。

受講生の皆さんを送り出した後のほっとした一枚。
受講生の皆さんを送り出した後のほっとした一枚。
Dr.Poilanと
Dr.Poilanと

日本でも機会があれば着たいですね。

 

 

美しいものを纏うことは女性にとってとても大切なことだと思うのです。