アーユルヴェーダを毎日の暮らしへ

一日の時間にも「ヴァータ・ピッタ・カファ」のエネルギーがそれぞれ優勢になる時間帯があり、流れがあります。

自分の体質を知ることで、偏りが大きくなる前にアンバランスの状態に気づき、日々バランスを整える生活がおすすめです。

アーユルヴェーダで言われているお白湯の作り方。

アーユルヴェーダで説かれている食事のことはとてもシンプル。

アーユルヴェーダにおける「ディナチャリヤ」(朝の養生)は、心や体、精神を浄化し、一日の質を高めることができる日常生活法です。